0545-55-5088
  • メイプル薬局OFFICIALBLOG
  • メイプル薬局facebook
  • マイナビ2017

Medical treatment and assistance

slide image
健康お役立ち情報

健康お役立ち情報

熱中症を防ぐために

icon

熱中症とは

  • ・高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、
    体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、
    筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、
    重症になると意識障害などが起こります。
  • ・気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、
    暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発生が高まります。
  • ・屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されています。
続きを見る続きを見る

熱中症の予防法

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

《水分・塩分補給》

  • ・のどの渇きを感じなくても、こまめな水分・塩分の補給を。
    《熱中症になりにくい室内環境》
  • ・扇風機やエアコンを使った温度調整
  • ・室温が上がりにくい環境の確保
    (換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
    《体調に合わせた対策》
  • こまめな体温測定・通気性の良い、吸湿・速乾の衣服の着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却
    《外出時の注意》
  • 日傘や帽子の着用、日陰の利用、こまめな休憩
  • 天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控える

熱中症が疑われる人をみかけたら…

  • 1.涼しい場所へ避難させる
  • 2.衣服を脱がせ、身体を冷やす
  • 3.水分・塩分を補給する

注意点

  • ①暑さの感じ方は人によって異なります!
    ・人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して、
    暑さに対する抵抗力(感受性)は個人によって異なります。
  • ②高齢の人は特に注意が必要です!
    ・熱中症患者のおよそ半数は65歳以上です。
    高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、
    暑さに対する体の調節機能も低下しています。
    ・のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分補給をしたり、
    暑さを感じなくても扇風機やエアコンを使って温度調節をするように心がけましょう。
  • ③周りが協力して、熱中症予防を呼びかけ合うことが大切です!
    ・一人ひとりが周囲の人に気を配り、熱中症予防を呼びかけ合うことで、発生を防ぐことができます。特に高齢者・障害者・子供については周囲が協力して注意深く見守るようにしましょう。
  • ④節電を意識するあまり、
    熱中症予防を忘れないようご注意ください!
    ・夏季の電力不足に対して節電の取り組みが求められていますが、節電を意識しすぎるあまり、
    健康を害することのないようご注意ください。
    気温や湿度の高い日には、決して無理な節電はせず、
    適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう。

参考:厚生労働省HPより

風しんについて

icon

風しんとは?

風疹ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。
潜伏期間は2-3週間で、主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。
風疹の症状は子供では比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が、2,000人から5,000人に一人くらいの割合で発生することがあります。その点では軽視できない病気です。
また、大人がかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。

続きを見る続きを見る

風しんの報告数が急増しています。

平成24年:2,353例の報告があり、過去5年間では最も多い報告数となりました。
平成25年は3月末時点で、既に昨年の報告数を上回り、全数報告疾患となった平成20年以降、最も早いペースで報告数が増えています。
患者の7割以上は男性で、うち20代~40代が8割を占めました。 平成23年度の国の調査では、20~40代の男性の15%が風しんへの抗体を持っていませんでした。
一方、20~40代の女性の4%が風しんへの抗体を持っておらず、11%では感染予防には不十分である低い抗体価でした。
抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、
白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。
昨年の流行の影響で、平成24年10月から平成25年3月末までに、
8人の先天性風しん症候群の患者が報告されました。
妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、抗体を持たない又は低い抗体価の妊婦の方は、
可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。
また、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、
風しんを発症しないように予防に努めて下さい。

<風しんの定期接種対象者は、予防接種を受けましょう。>

【風しんの定期予防接種対象者】
1歳児及び、小学校入学前1年間の幼児は、多くの市区町村において、無料で受けられます。
また、妊婦を守る観点から、 
(1) 妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族
(2) 10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)
(3) 産褥早期の女性のうち、抗体価が十分であると確認できた方以外の方は任意での予防接種を受けることをご検討ください。

接種ワクチンについて

風しんの抗体価が低い人は、麻しんの抗体価も比較的低い傾向が見られることから、風しんの予防接種を受けられる場合は、麻しん対策の観点も考慮し、麻しん風しん混合ワクチンを接種されることをお勧めしています。風しんの単独ワクチンの需要量は例年少ないため、今年度の供給量は限られていますが、麻しん風しん混合ワクチンの供給量は十分である見通しです。 予防接種の実施医療機関については、かかりつけ医やお近くの小児医療機関のほか、最寄りの保健所にお問い合わせください。


参考:厚生労働省HPより

「インフルエンザ」の予防ポイント

icon

インフルエンザと普通の風邪

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

続きを見る続きを見る

インフルエンザにかからないために
1)流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と、
インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効と報告されており、
日本でもワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。


2)飛沫感染対策としての咳エチケット

インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)飛沫感染です。また、インフルエンザウイルスに感染した場合、感染者であっても、全く症状のない不顕性感染例や、感冒様症状のみでインフルエンザウイルスに感染していることを本人も周囲も気が付かない軽症例も少なくありません。したがって、インフルエンザの飛沫感染対策としては、普段から皆が咳エチケット([1]咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと、[2]咳が出るときはできるだけマスクをすること、[3]手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うことなど)を守ることを心がけてください。飛沫感染対策ではマスクは重要です。可能な場合は皆がマスクをすることが感染対策としては効果的であると考えられます。


3)外出後の手洗い等

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触感染を感染経路とする感染症対策の基本です。インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いですから、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

4)適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
特に乾燥しやすい室内では、
加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。



5)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、
十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。






6)人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、
特にご高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、疲労気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。
やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度の飛沫等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することはひとつの防御策と考えられます。
ただし、人混みに入る時間は極力短くしましょう。



インフルエンザにかかったら

  • ・具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。
  • ・安静にして、休養をとりましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。
  • ・水分を十分に補給しましょう。お茶でもスープでも飲みたいもので結構です。
  • ・咳・くしゃみなどの症状のある時は、周りの方へうつさないために、不織布製マスクを着用しましょう。
  • ・人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。
    また、小児、未成年者では、インフルエンザの罹患により、急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロと歩き回る等の異常行動を起こすおそれがあるので、自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、小児・未成年者が一人にならないよう配慮しましょう。



インフルエンザの治療薬

インフルエンザに対する治療薬としては、下記の抗インフルエンザウイルス薬があります。

  • ・オセルタミビルリン酸塩(タミフル)
  • ・ザナミビル水和物(リレンザ)
  • ・アマンタジン塩酸塩(シンメトレル)
  • ・ペラミビル水和物(ラピアクタ)
  • ・ラニナミビルオクタン酸エステル水和物(イナビル)

ただし、その効果はインフルエンザの症状が出はじめてからの時間や病状により異なりますので、使用する・しないは医師の判断になります。
抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内)に開始すると、発熱期間は通常1~2日間短縮され、ウイルス排出量も減少します。効果的な使用のためには用法、用量、期間(服用する日数)を守ることが重要です。

参考:厚生労働省 インフルエンザ対より

眼精疲労

icon

眼精疲労(目の疲れ)はなぜおこる?

目を使うといえば、従来はテレビや読書程度でした。パソコン、携帯電話、携帯ゲーム機などが普及している現代では、常に目を酷使している状態かもしれません。
眼精疲労は、目が痛い、頭が重く痛い、圧迫感がある、目がかわく、ものが見えにくくなるなどの症状として現れます。肩こりやめまい、胃部不快感が伴う場合もあり、非常につらいものです。

続きを見る続きを見る

原因

  • 1.メガネ、コンタクトがあっていない
  • 2.細かい活字を長時間見続けた、パソコン作業や車の運転を長時間続けたなど
  • 3.目に異常がある(屈折異常、老眼、ドライアイなど)
  • 4.体調が悪い(過労、睡眠不足、内科疾患、更年期障害など)
  • 5.ストレス

予防・改善方法

  • 6.適切なメガネ、コンタクトレンズをする
  • 7.パソコンのディスプレイを長時間見続けない
  • 8.目の休息を心がける
  • 9.悪い姿勢で読書などをしない
  • 10.読書時やパソコン作業時に合った照明を選ぶ
  • 11.十分に睡眠をとる
  • 12.エアコンなどの風を直接目に当てない
  • 13.紫外線を浴びない
  • 14.ストレスを解消する

他に蒸しタオルを目の部分にあてる、ディスプレイをやや上方から見る、などがあります。

塩野義製薬HP 「肩こり・眼精疲労」より

睡眠

icon

睡眠障害とは様々な病気の総称

健康のために睡眠はたいへん重要です。睡眠は、心身の疲労回復をもたらすとともに、記憶を定着させる、免疫機能を強化するといった役割ももっています。健やかな睡眠を保つことは、活力ある日常生活につながります。
睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。眠れなくなることはよくみられますが、眠れないことイコール不眠症ではありません。不眠の原因には、環境や生活習慣によるもの、精神的・身体的な病気から来るもの、薬によって引き起こされるものなど、様々です。
さらに、睡眠障害には不眠だけでなく、昼間眠くてしかたないという状態や、睡眠中に起きてくる病的な運動や行動、睡眠のリズムが乱れて戻せない状態など、多くの病気が含まれます。また、睡眠の問題は1つの原因や病気だけでなく、いくつかの要因が重なって起こってくることも多くみられます。
睡眠の何が問題なのか、その原因は何か、主観的症状と客観的情報を多面的に検討・整理することが、適切な診断と治療につながります。

続きを見る続きを見る

睡眠障害の何が問題なのか?

睡眠障害があると、何が問題になってくるのでしょうか?ひとつには、睡眠障害によって、日常生活や社会生活に支障が出てくることがあります。睡眠障害によって日中の眠気やだるさ、集中力低下などが引き起こされると、日々の生活に支障をきたし、極端な場合には事故につながることもあります。
また、睡眠不足や睡眠障害が長期間持続すると、生活習慣病やうつ病などになりやすくなることがあります。こうしたことから、睡眠障害に適切に対処することが重要と考えられています。

サイン・症状

現自覚できる症状

*不眠(寝つきの悪さ、途中で起きてしまい再入眠できない、朝早く起きてしまう、熟睡できない)→ 精神疾患や身体疾患、服用薬、下記の睡眠障害をチェック、そのうえで不眠症かどうか判断
*過眠(日中眠くてしかたない、居眠りをして注意をされる)→睡眠不足や睡眠の質が低下する病気がないか、チェックもし、夜十分眠っているのに日中眠い場合は、過眠症を調べる
*就寝時の異常感覚(脚がむずむずしたり火照ったり、脚をじっとさせていられないためによく眠れない、夕方以降に悪化)→ むずむず脚症候群を調べる
*睡眠・覚醒リズムの問題(適切な時刻に入眠できず、希望する時刻に起床することができない)→ 睡眠日誌で睡眠・覚醒リズムをチェック、概日リズム睡眠障害を調べる

人から指摘される症状

*いびき・無呼吸(いびき、眠っているときに息が止まる、突然息が詰まったようにいびきが途切れる)→体重、飲酒、服用薬チェック、睡眠時無呼吸症候群を調べる
*睡眠中の異常行動(寝ぼけ行動、寝言、睡眠中の大声・叫び声)→ 夢との関連性、起こして覚醒するかどうか、チェック、睡眠時随伴症を調べる
*睡眠中の異常運動(寝入りばなや夜間に、脚がピクピクと動いている) → 就床時の異常感覚についてチェック、周期性四肢運動障害を調べる

睡眠衛生について

症状の把握とともに、睡眠衛生についてもチェックしましょう。
*寝室環境(騒音、日当たり、寝るときの明るさ、テレビやラジオ)
*睡眠習慣(床に入る時刻、床から出る時刻、実際に眠りに入る時刻、実際に起きる時刻、寝るときに習慣的にすること、昼寝)
*嗜好品(飲酒、喫煙、コーヒーなどのカフェイン類)

<治療について>

睡眠障害は疾患によって治療法が異なります。「眠れない」イコール「睡眠薬治療」ではありません。症状やサイン、診察や検査から、その原因となる疾患が適切に診断され、原因に応じた治療を受けることが重要です。

不眠症以外の疾患に対する治療法

睡眠時無呼吸症候群

重症度によって治療法が異なります。経鼻的持続陽圧呼吸療法(鼻CPAP療法)や口腔内装置などが使われます。肥満がある場合は、ダイエットが必要です。飲酒や睡眠薬は、かえって悪化させます。

むずむず脚症候群・周期性四肢運動障害

抗てんかん薬や抗パーキンソン病薬などが使われます。専門医の診察が必要です。

抗てんかん薬や抗パーキンソン病薬などが使われます。専門医の診察が必要です。

夜間十分な睡眠をとり、規則的な生活を心がけるようにしましょう。昼休みなどに短時間の昼寝をうまく取り入れましょう。眠気に対して中枢神経刺激薬が使用されることがありますが、専門医による診察と検査が必要です。

睡眠時随伴症

ストレスなどが関与している場合があるので、ストレスの軽減につとめましょう。睡眠中の寝ぼけ行動に対しては、危険に配慮した寝室環境を整えましょう。薬物療法として、睡眠薬、抗てんかん薬、抗うつ薬、抗パーキンソン病薬などが使われます。

概日リズム睡眠障害

体内時計をリセットし、通常の一日のリズムに合わせるためには、朝たっぷり光を浴びるようにしましょう。休日でも同じ時刻に起床して、光を浴びるのがコツです。睡眠薬やサプリメントを使用する場合は、専門医の指導を仰ぎましょう。

睡眠薬の治療

寝つきが悪い、途中で起きてしまう、早くに目が覚めてしまう、などの不眠症状に応じて、睡眠薬が使用されます。また、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬なども使用されることがあります。医師に指示された用法や用量を守って、正しく使用しましょう。睡眠薬はお酒と一緒に飲んではいけません。睡眠薬を服用したら30分以内には寝床につきましょう。
服用していた睡眠薬をいっぺんに中止すると、リバウンドで不眠が悪化することがあります。医師の指示のもと、ゆっくりとやめるようにしましょう。

睡眠習慣の見直し

睡眠時間にこだわらない

年をとると必要な睡眠時間は短くなります。あまり長時間眠ることを目標とせず、年齢に合った睡眠時間を設定しましょう。

眠くなってから床につく、就床時刻にこだわりすぎない

眠ろうと意気込むと、かえって頭が冴えてきます。寝つけないままに床の中にいると、眠れないことへの不安や焦りが生じ、ますます眠れなくなってしまいます。

同じ時刻に毎日起床

何時間眠れたかにかかわらず、毎日同じ時刻に起床しましょう。

眠る以外の目的で床の中で過ごさない

床の中でテレビを見たり、読書をしたりしないようにしましょう。なかなか眠れなかったら、いったん床から離れ、自分なりのリラックスできることを行ってみましょう。

昼寝は短めに、遅くとも15時前に

長い昼寝や夕方以降の昼寝は、夜の睡眠に悪影響を及ぼします。

参考:厚生労働省 「みんなのメンタルヘルス」 より

肩こり

icon

肩こりはなぜおこる?

肩こりとは、肩の周りの筋肉が疲労して緊張が高まった状態をいいます。
肩や首が重荷を背負ったように苦しく、固くこわばったような不快な症状や痛みを感じます。
首や肩の周辺には20種類以上の筋肉があり、「頚椎」「肩甲骨」「上腕骨」にかけての筋肉がよくこりを感じる部位です。
肩こりは、現代の職業病ともいえます。パソコン業務拡大につれ、職業性RSI(Repetitive Stress Injury:反復性ストレス障害)にかかる人が世界中で増え、米国では年間25万件以上のペースで発生していると
、民間損保会社がはじきだしています。
ほかにも、長時間にわたる車の運転や、重い荷物や上着、高すぎる枕などの物理的要因、緊張やストレスなどの精神的要因など、肩こりにはさまざまな原因が考えられます。
急性の肩こり(主に筋性疲労)が進行すると、炎症をおこして痛んだり、腕が上がらなくなったりする慢性へと移行するため、注意が必要です。
たかが肩こりなどと考えずに、思い切って休養し、早めに治療しましょう。
いわゆる肩こりとは別に、内科、整形外科、歯科疾患などが原因でおこる「症候性肩こり」があります。肩こりがなかなかよくならないときは、一度専門医を受診することをおすすめします。

続きを見る続きを見る

原因

  • 1.不自然な姿勢や同じ姿勢での長時間労働
  • 2.緊張やストレス
  • 3.過労・睡眠不足
  • 4.目の使いすぎ、合わないメガネやコンタクトレンズによる目の疲れ
  • 5.偏食・食欲不振
  • 6.冷え性・冷房
  • 7.運動不足
  • 8.歯痛・歯の噛み合わせが悪い
  • 9.かぜ・内科疾患・顎関節症
  • 10.五十肩(関節炎の周辺組織の老化によっておこる痛みを伴った肩関節の運動制限)や変形性頚椎症などの疾患

予防・改善方法

  • 11.姿勢を正しくする
  • 12.長時間の同一姿勢をさける
  • 13.肩を冷やさない
  • 14.片方だけの肩を酷使しないようにする
  • 15.疲労をためない
  • 16.ストレスをためない
  • 17.自分に合った枕や寝具を選ぶ
  • 18.無理なダイエットをしない
  • 19.パソコンのディスプレイを長時間見続けない
  • 20.適度な運動を日常的に行う
  • 21.首や肩関節周辺のストレッチングを行う
  • 22.栄養バランスのよい食事をする

塩野義製薬HP 「肩こり・眼精疲労」より

pagetop
pagetop
お問い合わせ